teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


列島横断の在来線特急車窓の旅まとめ

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 6月13日(火)17時20分57秒
返信・引用
  新大阪で1泊後、特急くろしおで和歌山県の新宮まで、新宮からは気動車特急の南紀号で名古屋まで
紀伊半島を海沿いに景色を楽しみながら周遊、名古屋から新幹線で新横浜まで乗って帰宅しました、
昨年はバスで稚内から鹿児島まで、今年は在来線で根室から平戸口までの旅でしたが、体はバスの方
が楽でした。乗車時間の長い区間はグリーン車を利用し疲れないように心掛けたのですが、年齢を重
ねたためか、今年の方が疲れました。

比較的人口の少ない地方を走る路線は単行や2両編成でも空席が目立つほど乗客が少なく、今回乗った
根室線などは廃止が検討されているようです。時代が変わり鉄道はその役割が変わってきたのでしょう
が、寂しい限りです。

私が小学生の頃は未だ東海道本線でも東京ー浜松間しか電化されてなく、特急列車は庶民には高値の
花、学校を卒業して就職したころは新幹線は東京ー新大阪間で開通していましたが、平社員は利用す
ることは出来ませんでした。その後時代は高度成長期、航空網の充実、山陽、上越、東北と新幹線網
も拡大、長距離は航空機、中距離は新幹線、在来線は新幹線未開通区間の中距離特急か近郊輸送の
役割となり、夜行寝台列車も1本(途中で2列車に分割)のみとなってしまいました。
今では我々庶民でも普通に航空機や新幹線や特急列車を気軽に利用でき、早く便利に移動できるように
なり、旅行に移動に便利な時代になりましたね。

SL時代から新幹線まで鉄道の目覚ましい進化を体験出来て良かったですが、もうすぐに後期高齢者、
出来ればリニア新幹線も体験してみたいですが、その時まで元気でいられるかどうか?
鉄道ファンではありますが、最近脚光を浴びているクルーズトレインは違う形の鉄道で興味の対象外
です。
 
 

Re: 在来線特急車窓の旅7-3

 投稿者:まこと  投稿日:2017年 6月 6日(火)13時10分16秒
返信・引用
  > No.3205[元記事へ]

Hikaruさんへのお返事です。

お疲れ様でした。
もう、梅雨入りまじかとなってしまいました。

鉄道は車社会になって田舎では減っているのですね。
でも、大事な足ですし残してもらいたいのですが、
そういっても、なかなか乗る機会がありません。

関西、名古屋(の一部)、岐阜(の一部)、長野(の一部)、東京(の一部)しか
行ったことがない自分としては本当に未知の世界ですね。
それぞれの空気感など一気に、廻ると違いがはっきりしそうですね。

見たことがある電車も乗った事がないのが多いです。
普通電車のタイプは全国でだいたいが同じモノですよね?
あとは本で見ただけですね。

BSでも電車系の番組があり、録画して観てます。
旅行にはおいしい物も外せません。
おいしそうな写真もあり、うらやましい限りです。

 

在来線特急車窓の旅7-3

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 5月 2日(火)21時19分51秒
返信・引用
  たびら平戸口駅はその名の通り鉄道で平戸に向かう場合の入り口駅です。松浦鉄道と平行する
国道を7~8百メートル南に行くと平戸島に渡る平戸大橋があります。今回はたびら平戸口駅
のすぐ近くにある食堂で昼食を食べる予定でしたが休み、国道を平戸大橋が見えるところまで
歩いてみたのですが、食事処の店は何故か皆休み、やむなく佐世保まで昼食はお預けです。

駅前で写真を撮っていたところ、駅前に止まっていたタクシーが撮影の邪魔にならないよう車
を動かしてくれました。おかげで藤浦洸氏の筆による最西端の駅の石碑を具合良く撮る事が出
来、そのタクシーの女性運転手さんに本島東西南北の場所(岬)と東西南北端の鉄道駅の写真
を渡した所、とても喜んで貰えました。

たびら平戸口駅到着から丁度1時間後の佐世保行きで佐世保に戻り、40分ほどの待ち時間で
食事を済ませた後、みどり20号で新鳥栖に、さくら562号で新大阪着、今日はここ泊です。
 

在来線特急車窓の旅7-2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 5月 2日(火)20時56分25秒
返信・引用
  鳥栖ー佐世保間の特急みどり1号は昨日と同じハウステンボス仕様の車両、松浦鉄道の車両は
単行の気動車、肥薩おれんじ鉄道と同じような車両です。ジパング?楽部の割引乗車券が使え
る九州新幹線さくら号指定席は4列シートで普通席ながら在来線3列シートのグリーン車並
快適です。この日中に帰ろうと思えば自宅まで戻れるのですからやはり新幹線は速いですね。
明日は南紀経由で戻るため、今日は大阪泊まりです。
 

在来線特急車窓の旅7

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 5月 2日(火)20時42分49秒
返信・引用
  この日はいよいよ最終目的地に到着、東根室から7日間2914.4Kmの旅のゴールです。
7時58分みどり1号で鳥栖を出発、JR最西端佐世保駅で松浦鉄道に乗り換えて昼前の11時
58分たびら平戸口に到着です。

たびら平戸口駅にはミニ博物館があり、JR北海道が5日間のツアーで東根室からたびら平戸口
まで来ていた事を知りました。現在そのツアーはやっていないそうです。
 

在来線特急車窓の旅6-3

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月30日(日)20時34分34秒
返信・引用
  新山口ー下関間、嘗ては10本からの特急列車が走っている特急銀座だったのですが、現在は
急行等優等列車が1本も走っていない、という信じられないような状況です。
九州は特急もいろいろな車両があり、楽しいですね。
写真は後ろ姿ですが115系の女性運転士、おなじみのソニック、ハウステンボス車両のみどり
です。
 

在来線特急車窓の旅6-2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月30日(日)20時22分7秒
返信・引用
  今日の乗車券と115系近郊型直流電車、415系近郊型交流電車です。
115系は東海道線湘南電車として、415系はつくば時代に常磐線でお世話になりました。
 

在来線特急車窓の旅6

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月30日(日)19時56分58秒
返信・引用
  前回投稿「在来線特急車窓の旅5」の訂正です。
2人掛けグリーン席はいなほで利用、スーパーはくとでは一人席で須磨ー舞子―明石の瀬戸内海や
明石大橋の眺めを楽しみました。
さて、今日はいよいよ九州入りです。下関では乗り換えに3分しかなく、階段を上り下りして
ホームを移動するため、重たいキャリーバックを引きながら間に合うかが心配でした。

山陰特急スーパーおきはキハ187という気動車が使用されています。スーパーおきは指定席1両
自由席1両の2両編成、山陰線高速化のためJRと島根県、鳥取県の協力で開発された走行性能
を何より重視し、軽量化と高出力化と協力にコストダウンを図った車両、鳥取-益田間を120-
130Km/hで駆け抜ける俊足の特急、以前の山陰特急まつかぜと比べると鳥取ー益田間で停車駅が
5駅程度増えたにもかかわらず53分も速くなっています。
スポーツカーのように軽量化したため防音防振は今一で結構エンジン音はうるさくけたたましく
網棚や窓回りも特急車両としては簡易、居住性は良い車両とは言えません。
しかしながら海側の座席で日本海の崖淵を高速で豪快に突っ走るこの列車、迫力満点でした。
山口線区間は軌道や通過駅の関係か、普通のローカル線特急、平凡な走りで一寸残念でした。

新山口ー下関間は懐かしい115系通勤型直流電車、もう自宅付近では何年も前から走っていない
ため懐かしい車両、かなり以前東海道線湘南電車でお世話になった型式です。運転士は女性、
そういえばスーパーおきの山陰線区間は女性車掌でした。下関から3分の接続も何とかクリアー
無事小倉でソニック42号、予定よりはやいみどり21号自由席で今日の宿泊地鳥栖に到着です。
 

在来線特急車窓の旅5-2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月30日(日)14時23分24秒
返信・引用
  写真のみの投稿です。
スーパーはくとの写真です。
 

在来線特急車窓の旅5

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月30日(日)14時14分10秒
返信・引用
  今日は名古屋から鳥取までの移動、名古屋-京都間は通常ルートなら東海道本線で行くところ
ですが、東海道線区間は特急がほとんどなく時間が合わないため琵琶湖の東を北陸線で敦賀に
疋田の大ループを通過して湖西線で琵琶湖の東を通り、京都に向かいました。この時乗車した
しらさぎ号、サンダーバード号ともに681~683系特急電車、北陸新幹線開業まで狭軌日本最速の
北越急行特急用に使われていた車両、軌道条件が良ければ130Km/hを平気でこなす高速車です。
しらさぎ号は指定席ほぼ7割程度の乗車率、サンダーバード号はほぼ満席でした。
今日の最大の楽しみは京都ー鳥取間の特急スーパーはくと号です。京都から東海道-山陽線を
通り岡山兵庫の県境に近い上郡から智頭急行線を北上、智頭から因美線に入り鳥取に至る経路
ですが、智頭急行線は山陰山陽を高速(山岳越え在来線として)鉄道として企画された線区、
HOT7000系の車両は700馬力超のエンジンを轟かせ、振り子機能で山岳地帯も高速で駆け抜け
ます。京都-鳥取間を3時間4分のスーパーはくと、大阪発播但線経由鳥取行はまかぜが4時間
21分、以前の山陰特急まつかぜが福知山線経由で京都ー鳥取間4時間41分であることをみる
と智頭急行線がいかに早いかが分かります。ちなみに大阪ー姫路間ははまかぜとスーパーはくと
の所要時間差は2分ほどでどちらも130Km/h運転、時間差は先行車とのからみ、事実上の差はなく
智頭急行区間がいかに速いかが分かります。HOT7000は走行区間が兵庫、岡山、鳥取の3県、その
頭文字をとった智頭急行(第3セクター)の車両、今回はゆったりとした3列シートの2人掛け
席を幸い隣がいないので一人で利用しました。智頭急行は早くから美人女性車掌を乗務させて
話題となっていましたが、今回はJR区間、智頭急行区間乗務員交代があるものの、どちらも美
人車掌でした。HOT7000は特急用気動車の中でも特に優れた居住性と高速性を持った車両です。
 

在来線特急車窓の旅4-2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月28日(金)22時34分45秒
返信・引用
  夜中に大荒れだった天候は、幸いホテルを出るころには上がり、シャトルバスで新潟駅に
ついた時には傘を差さずに済みましたが、もし降っていても強風で傘は役に立たなかった
と思います。

定刻に出発したしらゆき4号は柏崎辺りから止まったり動いたり、とうとう直江津で運転
打ち切りとなってしまいました。この時点で70分遅れ、直江津から越後ときめき鉄道で
上越妙高に向かいます。この電車も約10分遅れで発車、終点上越妙高駅には東京行きの
北陸新幹線の発車時刻の3分前、新幹線の乗車券を買って乗り換えるだけの時間はなく
次のしなの鉄道各駅停車で長野に向かい、次のワイドビューしなの号自由席で名古屋に出
ると覚悟していた所、上越妙高駅の駅員さんが乗車券を持たない人もそのまますぐに新幹
線のホームに向かい、下車駅で清算するようにと乗車駅証明を渡してくれ、何とか新幹線
に乗車でき、結果予定のワイドビューしなの12号に乗ることができました。
しなの12号は振り子構造の車両、現在の車両が何代目かは知りませんが、高速でカーブ
を走行するための振り子構造、しなの号はその草分けです。
しなの12号は気象の影響もなく順調に走行、木曽路の景色を楽しみながら定刻に名古屋
到着、名古屋では名物味噌カツを楽しみました。

 

在来線特急車窓の旅4

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月28日(金)20時52分14秒
返信・引用
  今日は新潟から長野まで移動、途中元信越線の第3セクタ越後ときめき鉄道と
しなの鉄道を経由、そのためジパング倶楽部割引の乗車券を東根室ー佐世保間
通しでの購入はできず東根室-直江津、長野-佐世保の分割となり、この第3
セクター区間は別途購入となりました。
新潟ー上越妙高間の特急しらゆきも常磐線のフレッシュひたちで使われていた
車両です。
 

在来線特急車窓の旅3-3

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月28日(金)20時37分3秒
返信・引用
  新潟のホテルでは27階の客室でした。
新潟までの列車では、時々強風のために停車したり徐行したりと次があれば焦るところでしたが、
今日は新潟泊りなので大丈夫でした。
27階からの眺めをスマホで撮ってみましたが、結構夜景でも良く写るので感心しました。
大伸ばしをしない前提でレスポンスさえよければ、結構カメラとして使えますね。
 

在来線特急車窓の旅3-2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月22日(土)00時06分17秒
返信・引用
  青森ー新青森間は自由席なら特急券なしで特急を利用できます。今回は青森から乗車、指定席の網棚
の上に荷物を置き、自由席に移動、新青森で指定席に戻りました。いなほ号は3列シートの全室グリ
ーン車、今回はこれを利用しましたが、やはり3列シートは広く自由度が大きくて楽ですね。
写真の赤と青の電車、EV車両です。電車なのにEV、当たり前すぎますが、架線のあるところは架線
からパンタグラフで集電、非電化区間はバッテリーを電力源に走行する車両、電化区間で架線のある
羽越本線はパンタグラフで集電、非電化の男鹿線はバッテリー走行です。全国的にもまだ珍しいEV車
です。
秋田を過ぎ、新潟に近づくにつれ風雨が強くなり、安全のためいなほ号は徐行したり停車したり、
強風で脱線転覆したいなほ号の悲しい歴史が頭に浮かびます。今回は新潟泊、遅れても着きさえすれば
良いですが、乗り継ぎが有ればハラハラドキドキです。
 

列島横断の在来線特急車窓の旅3

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月21日(金)21時34分42秒
返信・引用
  3日目は青森駅からスタートです。朝のうちは雨、今日は傘が必要と準備をしてホテルを出たら
雨がやんでいるという幸運、駅に着いた頃にまた強く振り出したが傘は差さずに済みました。
今回の特急つがるといなほに使われている車両は以前常磐線特急フレッシュひたちに使われていた
車両が転用され雪国仕様に改造されたものです。
最近あちこちでさよなら運転をやっているような旧国鉄時代の車両ほど古くはないものの、それなり
に年季が入っており、元々がコストダウン車両のため、足回り等に普通車ではそれなりの「がた」を
感じますが、筑波単身赴任時代を思い出させる懐かしい車両です。
 

列島横断の在来線特急車窓の旅2-2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月21日(金)21時07分28秒
返信・引用
  南千歳駅は北海道空の玄関口新千歳空港への分岐駅です。
小樽、旭川ETCから札幌を通り30分に1本程度のアクセス列車エアポートライナーが運行されていて
利用者に随分と利便性を提供しています。ここで北斗12号を待っている間にも飛行機が次々と到着
或いは離陸して行きます。
 

列島横断の在来線特急車窓の旅2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月20日(木)21時52分34秒
返信・引用
  17日に乗った車両です。
北斗12号は少々設計が古い車両ですが、特急らしく重厚な乗り心地です。
長い距離海に沿って走るので海側の窓側席は錦江湾のような景色を楽しめます。
 

列島横断の在来線特急車窓の旅2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月20日(木)21時45分49秒
返信・引用
  根室から釧路に戻り宿泊、いよいよ在来線特急車窓の旅の出発です。
最初の特急はJR北海道の看板車両283系気動車のスーパーおおぞら2号釧路8:23発札幌行、
南千歳で北斗12号函館行に乗り換えて新函館北斗まで行って北海道新幹線、新青森、在来線で
青森で宿泊です。

スーパーおおぞらは雪の残る北海道の荒野を豪快に飛ばし、轟音をとどろかせながら走ります。
途中帯広付近は昨年の凄まじい水害の爪痕が残っていて、この辺りは特急以外は代行バスです。
スーパーおおぞらは1時間以上ノンストップの駅間も結構あります。
北斗12号は九州横断特急にも使われている183系気動車の寒冷地仕様、九州横断特急もそう
ですが、少々古さが感じられます。
 

列島横断の在来線特急車窓の旅1-2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月20日(木)21時20分37秒
返信・引用
  写真のみです。  

列島横断の在来線特急車窓の旅1-2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月20日(木)21時13分29秒
返信・引用
  根室についてもう少々、
兎に角寂しく感じる町です。2012年に車で来た時よりもさらに寂しくなった感じ、東根室駅の
隣駅、2012年と現在とを比べてみると「はなさき」から西和田に替わっていました。花咲駅は
2年ほど前に廃止、隣駅までは各駅停車でも15分くらい走って隣駅、しかも乗降ははし、ですから
JRがこの線をやめたいのももっともです。

先日の書き込みに添付した電光掲示板の写真はこちらが正解です。
東根室駅は列車が写っているのが今回、写ってないのが2012年です。隣駅の表示を見て下さい。
根室はロシア人が多い所、道路標識もロシア語表示があります。
 

お疲れ様です

 投稿者:まこと  投稿日:2017年 4月19日(水)21時28分49秒
返信・引用
  なかなか大変な行程になってますね。
でも、それも楽しみのうちなんですよね。

今朝の新聞の読者投稿に
吉都線に観光列車を
乗る人が少ない、これでどうにか維持しないと!
って感じのが投稿されていました。
そこで言いたい!投稿したあなたは年に何回乗りましたか?と。
普段乗る人が居ての線路だと思うのです。
乗らないのに、なくなると聞きたら大騒ぎして反対活動をしたり。
普段から乗れる路線にする為に、色々と考える
必要がありますよね。
ちなみに、吉都線は日豊本線と合わせて環霧島観光みたいな一周する
のや、お見合いみたいなのをやってます。
 

列島横断の在来線特急車窓の旅1-1

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月18日(火)22時50分36秒
返信・引用
  釧路から快速ノサップで根室に向かいます。快速ノサップは1両単行、寒冷地仕様で2重窓、長距離
に備えてトイレ付の気動車、ねむろに着いたら10分後には釧路行き各駅停車となって折り返します。
この列車で折り返し東根室まで戻り、写真を撮ったのち根室に戻り次の列車を待ちます。単行運転で
列車というのは語弊がありそうですが一応列車と書かせてもらいます。
根室線の釧路ー根室間は100円の運賃収入を売るために*千円必要な大赤字線、JR北海道から沿線
自治体に廃線の話が出ているようです。1日6本で単行(1両運転)なのに楽に座れるほど利用者が
少ない路線です。
 

列島横断の在来線特急車窓の旅

 投稿者:Hikaru  投稿日:2017年 4月18日(火)22時25分49秒
返信・引用
  昨年は稚内から枕崎まで都市間連絡バスによる縦断旅行を楽しんだが、今年は列車による東端駅から
西端駅までの旅を計画、4月16日に出発地点の根室線東根室駅に向かいました。
JRのジパングクラブに入会しているので列車は概ね3割引き、さらに長距離ほど割安のため、なるべ
く一筆で行けるように、さらに車窓を楽しむため夜行は使わず明るいうちに移動するように計画、い
ざ乗車券を購入しようとしたら、できるだけ移動に在来線特急を利用しようとすると、旧JRで現在は
第3セクターの路線とかが入り、結局東根室ー直江津と長野ー佐世保と分断された乗車券となって
しまった。また特急を利用できないのは東根室ー釧路、上越妙高ー長野、新山口ー小倉、最終の松浦
鉄道佐世保ーたびら平戸口間となった。予想外だったのは新山口ー下関間、嘗ては一日に10本ほど
も特急が走っていたのに、現在優等列車0本とは・・・・

そんなこんなで思うようには行かなかったが、16日8時の便で釧路に向かいました。


 

いい天気

 投稿者:まこと  投稿日:2017年 1月26日(木)19時50分59秒
返信・引用
  空が綺麗でした  

色々と

 投稿者:まこと  投稿日:2016年10月31日(月)21時33分6秒
返信・引用
  一番程度は軽いけど、遠近両用レンズのメガネを作りました  

 投稿者:まこと  投稿日:2016年 9月22日(木)17時47分46秒
返信・引用
  まだまだ不安定な天気

http://fxshinma.hatenablog.com/entry/2016/09/08/201740

 

そういえば

 投稿者:まこと  投稿日:2016年 7月 1日(金)21時53分8秒
返信・引用
  http://www.sunqpass.jp/index.shtml

これで、佐世保の学会に行きました。
佐世保のホテルがとれずに福岡泊でしたが、
都城市ー福岡、福岡ー佐世保など、移動がありましたが
かなり安くすみました。

ちなみに、同じバスに中国人が居て、なぜか
僕も中国人と間違われてました。
 

バスの旅

 投稿者:まこと  投稿日:2016年 7月 1日(金)21時49分40秒
返信・引用
  バスの旅は鈍行列車みたいなもので、各地で泊まり、美味しいものを食べ
ゆっくりと風景を楽しむって感じですね。

旅の目的に移動を含むのか、単に目的地での観光のみなのか
って所が評価の別れ道でしょうか?

快適なシートならバスの旅も有りですね。
長時間の座位は堪えます。
あと、うちみたいに寄り道する家族には難しいかも(笑)


 

バスの旅終了

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 6月 1日(水)20時04分5秒
返信・引用
  昨夜は鹿児島サンロイヤルホテルの展望温泉でゆっくりと疲れをいやし、シャトルバスで
鹿児島中央駅に戻り、空港連絡バスで鹿児島空港に向かいましたが、ここで思いがけない
ハプニングが、なんとこの掲示板の主、まことさんが空港まで見送りに来てくださった
上にお土産までいただき、恐縮の極みです。

拙い旅行報告でしたが、お読みいただいた皆様、掲示板に書くことを快諾頂いたまことさん
有難うございました。
 

列島縦断バスの旅総集編

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月31日(火)23時04分55秒
返信・引用
  北端の宗谷岬から鹿児島の指宿までバスで南下してくると、景色に
季節感の差、服装や花の様子等で興味深く目に入ります。

稚内では、平野部でも雪が残り、北風が強く気温は一桁、函館付近では
桜満開、九州まで南下すると指宿付近(東大川)では運転手さんの制服は
既に半袖、海の色や新緑にも北と南では結構違いがあります。

新幹線のおかげで主要都市間は短時間で移動が出来ますが、運賃は高価
場所によっては新幹線の開通で反って不便を感じるようになった所もある
のでは?と、そして在来線の特急程度の時間で快適な都市間高速バスは
その補完的役割を負っているのでしょう。

今回の旅では、金沢ー大阪、大阪ー広島、広島ー福岡のバスで就活中と
思われるリクルートスーツの女子大生が数人乗車していました。
就活には、交通費もかなり負担と聞いた事があるので、彼女たちのバス
利用は納得です。良い結果を祈ります。

熊本付近(益城町辺り)では車窓からでも被害の大きさが分かりましたが、
高速道路の工事箇所以外、申し訳無くてカメラを向けられませんでした。

都市間高速バスは総じて快適、静かで乗り心地も良く一週間乗りづめでも
思ったより疲れませんでした。2時間半に一度15分程度の休憩、バスに
トイレも有り長距離や大渋滞でも安心です。
年齢的に2度と出来ない旅でしたが、今までの中で屈指の旅となりました。
 

列島縦断バスの旅総集編

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月29日(日)23時03分37秒
返信・引用
  稚内ー鹿児島中央間を航空機、列車を利用した場合

航空機 稚内ー羽田 通常運賃48,390円+バス600円
    羽田ー鹿児島通常運賃43,890円+バス1,250円
    羽田ー鹿児島はLCCがあり1/3程度の運賃で可能
    JAL、ANAも早くから予約すれば稚内ー鹿児島計30,000円程度
    当日中に到着

鉄道  稚内ー鹿児島中央 乗車券28,940円 特急券指定券32,240円
    1泊2日

バス  稚内BTー鹿児島中央BT 39,610円+ 新幹線函館北斗ー青森7,260円
    6泊7日

運賃だけならバスが安いですが6泊のホテル代+食事代が必要

新幹線をもってしても当日中に稚内から鹿児島までは行けないようです。
やはり飛行機は速いですね。鉄道距離でおよそ3,100Km程度です。
上記は鉄道、バス共に夜行は使わない条件での結果です。

バスの旅、こうしてみると結構贅沢な旅なのですね。
 

列島縦断バスの旅7日目-3

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月25日(水)14時52分30秒
返信・引用
  番外編 指宿のたまてばこ号

指宿から鹿児島までは観光特急「指宿のたまてばこ号」を利用しました。
ここで1つのポカ。指定券は事前に購入していたのですが、朝鹿児島中央駅でコインロッカー
に荷物を預けた中に入れたまま、買い直しを余儀なくされました。
列車は通勤型の気動車の内装を観光列車に改装、外観も特別塗装で雰囲気を作っています。
しかし足回り、動力はそのままなので、軌道の良くない指宿枕崎線では高速走行ではなくても
結構揺れますし音もうるさいです。はやとのかぜやいさぶろう・しんぺい号と同じ手法です。

バスト違ってそこそこの乗客を乗せ、錦江湾の眺めと車内販売限定の特製プリンとコーヒー
を楽しむ中、列車は55分ほどで鹿児島中央到着、天文館に向かいうなぎの末ひろで夕食、
駅に戻って自宅宛に土産物を発送しさんロイヤルホテルのシャトルバスでホテルに到着、
温泉で疲れをほぐし、後は明日帰るだけと一連の旅はこれで終了となりました。

稚内から鹿児島までは航空機を使わず、新幹線や夜行便も使わなかったら移動だけで一週間
新幹線以前の在来線特急以上、バスでも結構速いと感じるか、或いは航空機を念頭に話にも
ならない遅さだ、と思うか、お読みになった皆様はどうお感じですか?
後総集編を2回ほど書かせていただきます。
 

列島縦断バスの旅7日目-2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月25日(水)14時24分9秒
返信・引用
  枕崎ー指宿

鹿児島から枕崎に到着後30分の待ち合わせで東大川行きのバスに乗り継ぎです。
枕崎から指宿までは、個人的にはまさか?の感覚ですが直通バスがないので、東大川
で指宿行きに乗り継ぎます。土日休日は1日3便しかなく、これを逃すと指宿着は
17時となってしうので、ぐずぐず出来ません。枕崎駅の写真を撮ったりしていると
すぐに時間が来てしまいました。バスは6~7人を乗せ出発、途中乗車は殆ど無く
最後は乗客2名で東大川着、10分の待ち合わせで指宿行きに乗り継ぎます。
このバスも途中乗降はすこしあったものの出発時と指宿駅到着時は貸し切り状態でした。

薩摩半島の南側海岸沿いは台風が屡々通るためか、陸屋根の鉄筋コンクリート住宅が
結構おおかったように思いました。海沿いを多く走るこの路線は眺めの良いところが
多く、凡そ1時間50分の行程はすぐに終わった感じです。
 

列島縦断バスの旅7日目-1

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月24日(火)22時45分25秒
返信・引用
  鹿児島中央ー枕崎

昨日で都市間高速バスの旅は終わり、旅の終端は普通の路線バスです。
バスは以前は観光バスに使っていたような前乗り前降りの4列シートバス、乗客は10数人、
座席はハイバックシートでリクライニング可能、思ったより乗り心地は悪くないです。
しばし錦江湾に沿って走った後、R225号線は西に向かい、峠を越えて枕崎をめざす行程は、
伊豆半島を横断するような感じ、鹿児島市内を抜けるとバス停間隔は長く、乗降は殆ど無し、
地方公共交通の厳しい現状が伺えます。バス停通過、停車に拘わらず市街地を抜け、暫く走る
とほぼ定刻+1分以内で走っている事でした。枕崎にはほぼ定刻の到着、鹿児島中央で10数人
だった乗客は殆ど鹿児島市内で降り、5~6人が途中停留所で乗降、終点は数人でした。
JR枕崎駅は最南端終端駅ですが、無人駅だったのに驚きました。
 

列島縦断バスの旅6日目-2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月23日(月)23時05分23秒
返信・引用
  福岡ー鹿児島

博多ではおよそ1時間の待ち合わせで桜島号鹿児島行きに乗り換えです。
バスは高速道路の事故渋滞等に遭遇するとすぐに1時間2時間遅れてしまいます。
今回の旅行では札幌、大阪、博多で乗り継ぎでしたが、無事余裕で繋がりました。
桜島号は岩崎グループの3列シート、少し古いバスですが、中は綺麗で十分の装備です。
天神バスターミナルにも立ち寄り、乗客を乗せた後、高速道路に入り鹿児島を目指します。
北熊本SAで休憩後、地震で大きく被害を受けた益城町の辺りにさしかかると、道路も
片側通行になり、修復工事がなされています。大きな被害を受けた高速道路を短期間に
通行出来るように修復した関係者の皆様に敬意を表します。

地震の影響で凹凸が出来ゆれるぶぶんも有りましたが、順調に進み八代から人吉方面に
向かい、えびのPAで最後の休憩、ここらの道は鶴撮影で通り慣れた道、鹿児島はもう
間もなく、高速バスの旅は終わりとなります。高速を降り市内の停留所で何人かの乗客を
おろし、バスはほぼ定刻に鹿児島に到着、高速バスはこれで終了、明日は一般道路の路線
バスの旅となります。
 

列島縦断バスの旅6日目-1

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月22日(日)23時02分15秒
返信・引用
  広島ー福岡

このバスは4列シートのJRバス、席は前から2列目左窓側、4列シートですが隣は
居ないので、広く使えました。シートピッチも広く窮屈な思いはなかったです。
このバスは広福ライナーが幸福ライナーにつながる、と験を担ぐ人もいるとか。
就活中と思われる黒いスーツの女子学生が数人乗車、幸福な結果だと良いのですが。
バスは淡々と山陽道を走り、関門海峡大橋を渡って九州入り、JRバスですが5分早着
で博多BT(バスターミナル)に到着しました。この後鹿児島行きに乗り換えですが
今回の旅行ではバスは全て定刻か早着、乗り継ぎは全て余裕でOKでした。
 

ホテル

 投稿者:まこと  投稿日:2016年 5月20日(金)22時44分15秒
返信・引用
  やはり、広いベッドで脚を伸ばして寝たいですよね。
バスだと座っている時間が長いですね。
列車なら、最悪、車内を歩けますが、バスなら
そうはいかないですよね。

ビジネスでも綺麗で、朝食もいいのが出ますよね。
どうしても、和食を食べて次は洋食を食べてしまいます。

http://www.soundfort.jp/home/q9/?mobile=1

 

列島縦断バスの旅ホテル編

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月19日(木)22時42分11秒
返信・引用
  私にとって、今回のように体力的にきつい旅では宿泊するホテルが快適
だと疲れが取れて翌朝が楽になります。翌日乗車のバス停に近く、大浴場が
あったり、客室が広く綺麗といったホテルを選びました。中でもシティホテル
はサービスも設備も部屋の広さも部屋からの眺めも快適でした。快適順に

広島>稚内>鹿児島>金沢>青森

青森と金沢は同じチェーンのホテルでしたが、青森の方が設備は古くあまり
快適では無かったです。今回利用したビジネスホテルの中では鹿児島が1番
で流石九州トップの電鉄会社系ホテル、3位なのは前2つがシティホテルだ
からです。

写真は広島のホテルから見た夜景、ホテルの客室、洗面所、

このホテルを選択した理由はバスターミナルの隣だからです。
 

列島縦断バスの旅5日目1

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月13日(金)05時21分56秒
返信・引用
  大阪ー広島

金沢からの便は定刻到着だったので、1時間少々の待ち合わせで広島行きのJRバスに
無事に乗車できました。道路状況、特に事故渋滞があると大幅に遅れるので、乗り継ぐ時
は気になり、食事はサンドイッチ等をバスの中で食べています。
この便も2階建てバスですが、山陽道は山の中を走るので、景色はあまり楽しめません。
三原あたりから車が増えだし、バスは殆ど追い越し車線を走行、特に目茶飛ばしではない
のですが、走行車線の流れが遅く市街地の2車線道路のような流れでした。
結果、今回も定刻に広島バスセンター到着、隣のビルのリーガロイヤルホテルにチェックイン
こちらも28階の部屋で夜景がきれいでした。
 

列島縦断バスの旅5日目1

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月13日(金)05時04分56秒
返信・引用
  金沢ー大阪

本日は、2階建てバスの2階最前列右側、北陸道は西に向かうと右側に海があり、
加賀や越前の海岸線の眺めが楽しめます。2階席は目の前がフロントガラスですが
天井が低いのと下1/3に物入れネット、カップホルダーがあるようなパネルがあり
もしもなければ迫力がさらに増すと思うのですが、パネルがなければ不便だし、ミニ
やタイトスカートの女性は座れないですね。
お天気は快晴、隣2席は春日大社の大祭に行く、という気さくなおばさん2人、今日
のためにわざわざ遠くまで買いに行った、という美味しい生どら焼きを半分に割って
分けて頂きました。美味しかったです。バスは定刻運転で淡々と進み、大阪を目の前
にした江坂付近で渋滞したものの、大阪駅バスターミナルにはほぼ定刻の到着でした。
2階席最前列は前方も側方も眺めは抜群ですが、揺れは下より大きいですね。
 

列島縦断バスの旅4日目2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月12日(木)22時32分48秒
返信・引用
  画像のみの投稿です。  

列島縦断バスの旅4日目

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月12日(木)22時28分7秒
返信・引用
  今日は新装なった新宿バスタから金沢に向け出発です。
関越道、上信越道、北陸道を経由、夕方の6時過ぎの到着です。
途中、軽井沢のあたりでは土砂降りの豪雨、その区間を過ぎると黒姫あたりでは濃い霧、北陸道
ではバスがゆらゆらするほどの強風、それでも金沢にはほぼ定刻の到着でした。
 

列島縦断バスの旅3日目

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月11日(水)23時05分51秒
返信・引用
  青森ー上野

弘南バスのスカイ号ですが、以前の書き込みに誤りがあります。お詫びして訂正します。
バスが少し古いと書きましたが、まことさんに平成15年式と教えて頂きました。
この年式ならば、路線バスとしては新しいほうになります。
休憩は2回だけではなく紫波、国見、佐野の3回、弘前を休憩に含めれば4回となります。
シートも4列ですが全席との間隔が普通の観光バスより広く、さほど狭い感じはありません。

バスは青森を定刻発車、結構ガンガンと走り、上野には30分以上の早着、運転はスムーズですごくうまいです。弘南バスのファンになりました。
 

列島縦断バスの旅2日目-2b

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月11日(水)22時51分51秒
返信・引用
  途中の噴火湾から山を望む光景は日豊線の錦江湾から桜島を眺めるあの景色と甲乙つけがたい景観、途中停車の森では桜満開dした。新幹線は東京行きでは最終、函館から青森まで8千円近くするのに
40分程度しか在来線より速くない、地元の人に値段に見合いますか?と聞きたくなります。
 

列島縦断バスの旅2日目-2

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月11日(水)22時39分25秒
返信・引用
  札幌ー函館

このバスもゆったり3列シートのバス、このバスは指定席最前列右側で前方視界もばっちりでした。
道央道を淡々と進み、八雲から一般道を八雲、森と停車、こちらも5分早く函館北斗駅に到着でした。函館北斗ー新青森は開業間もない北海道新幹線、1時間少々で新青森、在来線乗り換えで待ち時間込み1時間20分弱で青森には19時54分到着、稚内ー青森13時間24分2日目の旅でした。
 

列島縦断バスの旅2日目-1

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月11日(水)22時19分59秒
返信・引用
  書き込み中に勝手に投稿されてしまいました。
コースは以前マイカーで滝川ー稚内を走ったのとサロベツ原野を除いてほぼ逆コース、日本海沿い
の国道を淡々と走り、滝川の手前から道央道、結局10分装着の12時10分札幌に到着しました。
 

列島縦断バスの旅2日目-1

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月11日(水)22時08分1秒
返信・引用
  稚内ー札幌

稚内駅バスターミナルを午前6時30分発車、定員制自由席のため良い席を確保しようと
6時10分にターミナルに出向くもすでに6人ほどが待っていました。
結局前から4列目、バスはゆったりとした独立3列シートの北斗バス、静かで乗り心地の
良いバスです。
 

 投稿者:まこと  投稿日:2016年 5月10日(火)22時35分5秒
返信・引用
  書き込んだのに、消えてました。
また、後ほど書き込みます

http://www.soundfort.jp/home/q9/?mobile=1

 

列島縦断バスの旅2日目

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月10日(火)05時09分37秒
返信・引用
  昨日、書こうとしたら、ホテルのLANが不調ですぐに切れてしまい、書き込めませんでした。
今も写真が送れないので、写真は後日送ります。

稚内ー札幌はマイカーで列島縦断した時のほぼ逆コース、日本海に沿った国道を淡々と進み
旭川を少し過ぎた滝川のあたりで道央道に入りました。札幌市内は少し混んでいましtが、
10分早着でした。

札幌ー函館間は札幌ー八雲間を高速で、八雲からは一般道路でした。こちらは最前列だった
ので、しっかりと景色が楽しめ、沿道のそこここに桜が満開でした。有珠山近くの浦河湾は
国道8号から錦江湾、桜島を眺めるような感じの絶景です。こちらも5分早着。

どちらのバスもゆったりした広めの3列シート、真新しく静かで乗り心地良く「パワーも十分
高速道路の登りでもしっかりG を感じる加速をしていました。

今日のバスは昼便では最長距離、最長時間の高速路線バス、青森ー上野間が5000円の安さ
が売りの路線、車両が少し古くトイレ付き以外は普通の観光バスのような4列シート、休憩も
2回だけなので今日はきつそうです。走行時間はおよそ12時間弱で宿泊は自宅です。
 

写真訂正

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月 8日(日)22時19分58秒
返信・引用
  下の2枚目の写真はこの写真と間違いました。  

(路線)バスの旅

 投稿者:まこと  投稿日:2016年 5月 8日(日)20時11分54秒
返信・引用
  えびすさんが出てきそうな企画ですよね。

関東でも品川・東京駅が北限の僕には
海外のような北海道。
いい景色が見れるといいですね。
地元のおいしいものなども楽しみです。

気をつけて楽しんでください

http://www.soundfort.jp/home/q9/?mobile=1

 

列島縦断バスの旅

 投稿者:Hikaru  投稿日:2016年 5月 8日(日)19時59分13秒
返信・引用
  5年前、鹿児島の佐多岬から北海道の宗谷岬までマイカーで22日間7000Kmの旅行を
ここで投稿させて頂きましたが、今度は稚内ー枕崎間のバス旅行をスタートしました。
今日はその一日目、序章として宗谷岬を起点に設定しました。宗谷岬ー稚内間は風雨の
路線バス、明日の稚内ー札幌間からは高速路線バス、3列シート、普通の4列シート、2階
席あり、昼行最長距離ばすあり、どんな旅になりますやら。
 

全然

 投稿者:まこと  投稿日:2016年 3月 1日(火)22時38分3秒
返信・引用
  カキコしてないなぁ  

こんなの

 投稿者:まこと  投稿日:2015年 5月18日(月)12時49分37秒
返信・引用
  頂いてきました  

Re: 鬼が笑う話

 投稿者:まこと  投稿日:2015年 2月 1日(日)15時50分37秒
返信・引用
  > No.3152[元記事へ]

Hikaruさんへのお返事です。
お疲れ様でした。
しっかり疲れをとってください。
来年も楽しみですね。
 

鬼が笑う話

 投稿者:Hikaru  投稿日:2014年11月 6日(木)18時16分52秒
返信・引用
  色々調整の結果、来年の出水行き日程が決まりました。
今回は川崎-大阪は陸路、大阪-志布志をフェリーで、帰りは大分-神戸をフェリー、神戸-川崎
を陸路、フェリーサンフラワーの船遊割引を利用予定。

日程は1/24出発船中泊 1/25(日)-1/28(木)出水滞在 1/29(金)未定
1/30(土)夜大分よりフェリー乗船、1/31午後(日)夕方川崎に帰宅

今回もどこかでお会い出来れば、と思います。前回のように出水でご一緒するとか、29日を
京セラかベッセルで宿泊、夜お目にかかるとか、上記日程でご都合が合えばご検討下さい。

マイカーを使うのは今回で最後、来年はどこかで車を手放し、75才で免許証も返納予定なので
免許の有る間に後数回出水を訪問、夕鶴を撮り溜め75才記念に夕鶴の写真集を作る計画です。
 

Re: ノート

 投稿者:まこと  投稿日:2014年10月18日(土)20時51分8秒
返信・引用
  かぼちゃさんへのお返事です。


やっと出ましたね。
5速マニュアルのもありますし、売れるでしょうね。
高いですが待っていた人も多かったはず。
ヨーロッパではパルサーが出ましたし、コンパクト
クラスのスポーツモデルが楽しくなって来ました。
トヨタ86とスズキスイスポくらいてした
からね。
 

ノート

 投稿者:かぼちゃ  投稿日:2014年10月18日(土)07時19分1秒
返信・引用
  この秋に発売するようですよ。
日産ノート ニスモ(NISMO)Sだと220万円くらいするようですが
このクラスをいじってもらうと面白いですね。

http://www.corism.com/news/nissan/2527.html

 

訂正

 投稿者:まこと  投稿日:2014年 9月28日(日)22時23分14秒
返信・引用
  買い換 える余裕がなくないっす。

    ↓

買い換 える余裕がないです。
 

カメラ雑誌

 投稿者:まこと  投稿日:2014年 9月28日(日)22時18分16秒
返信・引用
  見てもこの二機種の特集ばかりですね。
うちだとレンズがあるので7Dになるでしょうけど。
レンズに縛りがなければニコンでしょうか。
うちのカメラも7年になりますが、買い換える余裕がなくないっす。
 

今日発売

 投稿者:かぼちゃ  投稿日:2014年 9月25日(木)19時56分10秒
返信・引用
  EOS 7D Mark IIに対抗してるようですが
D750これってどうでしょうかね?

http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d750/

 

スーパームーン

 投稿者:まこと  投稿日:2014年 9月10日(水)05時48分45秒
返信・引用
  きれいでした  

test

 投稿者:まこと  投稿日:2014年 8月23日(土)21時58分42秒
返信・引用
   

2200キロ

 投稿者:まこと  投稿日:2014年 7月 5日(土)22時34分8秒
返信・引用
  走ってますね~。
家族4人で高速乗っても、そこまで大変ではないです。
ただ…クラリオンの純正ナビがアホ過ぎて。
10年前のカーナビ並です。
最新ゴリラの3万くらいのほうがまだマシじゃないか、と
思います。
 

1300キロ

 投稿者:まこと  投稿日:2014年 6月 4日(水)22時55分59秒
返信・引用
  だいたい、この位走り、
通勤のみで14キロ/リッター
都城ー宮崎を国道で23キロ/リッター
でした。ルークスと同等以上の燃費なので
万々歳ですね。
スーチャー付きならもっと燃費はいいのかな?
と、気にはなりますが、差額の20万は大き過ぎますね。
 

1000キロ

 投稿者:まこと  投稿日:2014年 5月17日(土)19時54分57秒
返信・引用
  超えてから最近、エンジンのブルブルが減ったような。
慣れただけでしょうか?(笑)
最近は通勤にしか使ってないので、遠出したいですね。

試乗車もある程度走ったのを準備したらいいのにって感じです。
走ってない車だと、本当の評価はされずに購入をしない人もいそうです。

 

慣らし運転

 投稿者:Hikaru  投稿日:2014年 5月 8日(木)10時53分3秒
返信・引用
  新車が入って数ヶ月間は慣らし運転で我慢我慢の日々ですね。
自分の体験では、初期の固さというか、エンジンの息苦しい
ような回り方、サスのなんとなくぎこちない動きが、1000Km
を越えた頃からぐんと滑らかな感じになりました。
1000Km点検の時、オイルとエレメントを交換、2000Kmを越え
るのを待って、それ以降は好きにエンジンを回したり、厳し
いコーナリングをしたりと楽しみました。

最近の車は30000Kmart頃からが一番美味しいようです。
まことさんのノートも、もうすぐ我慢無く乗れる距離ですね。
でも、安全運転をお忘れ無く!!
 

ハイペース

 投稿者:まこと  投稿日:2014年 4月28日(月)05時55分40秒
返信・引用
  今回は走行距離が延びてます  

 投稿者:まこと  投稿日:2014年 3月16日(日)19時40分15秒
返信・引用
  納車されました。  

新年

 投稿者:まこと  投稿日:2014年 1月 4日(土)05時48分19秒
返信・引用
  あけまして
 おめでとう
  ございます

今年も宜しくお願いいたします


Hikaruさん、2月を楽しみにしてます。
 

新年

 投稿者:Hikaru  投稿日:2014年 1月 1日(水)00時14分54秒
返信・引用
  まことさん
皆様

明けまして、おめでとう御座います。

今年も鶴の撮影で出水に参ります。
本年もよろしくお願いいたします。

 

カメラ

 投稿者:まこと  投稿日:2013年12月23日(月)12時29分45秒
返信・引用
  いいカメラが来ると、写真を撮りたくなりますよね。

最近はどこにも撮りに行ってません。
イルミもきれいですが寒いので(笑)

連写は結局は両目開いて、ファインダーと実像を両方確認しながら
撮るのが一番なんでしょうね。
 

連写

 投稿者:Hikaru  投稿日:2013年11月 9日(土)14時03分28秒
返信・引用
  >動き物の連写はどんな感じでファインダーに映りますか?

連写では、撮影確認をオフにしておくと、ファインダーの画像は
パラパラ漫画のように撮影直前の画像が表示されます。光学ファ
インダーでも一瞬ブラックアウトするので、そう大差はないです。
EVFの表示は、やはり一瞬遅れるので、速い動きにはかなり慣れ
が必要ですが、少年野球程度なら、並の選手の打率程度の歩留まり
でボールがバットに当たった瞬間を捕らえられます。
このEVFの精細感は優れていて、結構小さな文字でも読めます。
私が昔勤務先で開発に関わっていたEVFと比べると夢のような
性能です。
 

新カメラ

 投稿者:まこと  投稿日:2013年11月 2日(土)17時49分6秒
返信・引用
  いいですね~。
像面位相差AFが今のデジカメのトレンドですね。
問題は液晶の追随でしょうか。
動き物の連写はどんな感じでファインダーに映りますか?

PEN-ミニは動き物にはやはり対応は難しいですね。
しかも、高感度ではやはりにじんだ様な感じになります。
でも、お手軽持ち歩きにはピッタシです。
 

OMD-EM1

 投稿者:Hikaru  投稿日:2013年10月15日(火)20時34分56秒
返信・引用
  結局EM-1を発売日に購入しました。
理由は像面位相差AFが使用可能なので、FT(フォーサーズ)用レンズが
アダプターを介してですが使用可能な事、来年から鶴の撮影に車で行けない
ので少しでも荷物を軽くしたく、被写体が比較的大きな鶴の飛翔なら、十分
AFで対応できるのでは、考えてです。レンズとしてはパナ70-300か
45-200が保有超望遠レンズ、或いは少し重いですがFT用の50-
200SWDを買い足すか、で考えてます。
 

ちょっと

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 9月22日(日)21時36分24秒
返信・引用
  新しいオリのOM-Dはちょっとごつくなりましたね。
あのデザインを受け入れられるかどうか、でしょうね。
画質とか雑誌上ではいい感じですけど。

E-P1の苦手だった空間周波数の高い草原とか田んぼとか
PM2は難なくこなしてくれています。速度も速くなり
使っていけそうな感じです。
買った時はアマゾンとキタムラでは同じ値段でしたが
今確認するとアマゾンは値上がりしてます。売れているんでしょうか。

飛行機とかも撮れそうなAF速度なので、どんどん持ち歩かないと
いけませんね。
 

MFT新製品

 投稿者:Hikaru  投稿日:2013年 9月16日(月)07時50分40秒
返信・引用
  オリンパスより一足早くパナソニックからGX-7が今月に、そしてオリンパスからは
E-M1が来月発売、当初はコンデジ以上だが今一だった画質や高感度特性もAPS-C
にはほぼ追いつき、小型軽量のメリットが生きてました。がGX-7は小型軽量ですが、
昨年発売のパナフラグシップ機GH3、今度のE-M1は結構大きく重い機種、折角の
小型軽量が生きて無く、APS-C機のエントリークラスと大差ない大きさ、重さ、値段
は倍、ミラーレス以前のFT資産を持っている人、両社の根強いファン以外に対して、
一寸訴求力に欠ける、個人的感想です。

と言いつつ、最近は殆どOM-Dが主体なので、E-M1の出来具合が気になるところ、
現有機のD800やD300Sよりはかなり小型軽量なので、できが良ければ買うかも
知れません。
 

オリンパス

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 9月10日(火)20時36分1秒
返信・引用
  新製品が出ましたねー  

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 8月18日(日)22時53分11秒
返信・引用
  夜は少し涼しくなりました。
秋が近付いてます。
釣りに行っただけで、夏休みは満喫できてないです。

九月から職場を変える事になりました。
明日から年休消化です。夏休みとして遊びます!
 

猛暑

 投稿者:Hikaru  投稿日:2013年 8月 5日(月)09時05分14秒
返信・引用
  7月初め頃は関東が猛暑でしたが、今は宮崎県が特に猛暑の
ようですね。他方毎日時間100mmクラスの豪雨が何処かで
降っていたり、まるで日本は熱帯地方になったみたいです。
 

毎日

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 8月 3日(土)05時54分36秒
返信・引用
  暑いです…  

プレゼント

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 7月12日(金)22時31分18秒
返信・引用
  当たらないですよね。
でも、出さないと。
と、ダメ元で応募してます。
 

ペン

 投稿者:かぼちゃ  投稿日:2013年 7月 9日(火)08時15分48秒
返信・引用
  プレゼントキャンペーンやってますけど応募しました。
まず当選しないでしょうけどね。


 

買うなら

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 7月 5日(金)22時42分45秒
返信・引用
  フルサイズが欲しいですね。
余裕のある絵はやはりセンサーサイズに比例する気がします。
でも、レンズの事やシャッター速度とか考えると値段か高いですし
手が出ないです。

ペンでも買って…いやいや、将来に向け貯金せねば。
 

70D

 投稿者:Hikaru  投稿日:2013年 7月 5日(金)08時12分13秒
返信・引用
  APS-Cデジ1もとうとう2000万画素の時代に入りましたね。
技術の進歩で、微少画素面積でも、実用になってきたのは凄い事
ですが、それでもAPS-Cで2000万画素は行き過ぎ?と感じ
てます。ファイルサイズも大きく、レンズのあらも出やすい、ぶれ
やピンぼけが目立つ等使いにくさも少なくないですが、確かにうま
くはまった時の精細な画像は、訴求力満点ですね。まことさんの次
機種はこれの予定?それともフルサイズ?

画素ピッチが小さくなると、LPFを無くしてもモアレが出にくい
というメリットも有るようです。LPFレスは解像感のUPに絶大
な効果が有りますね。コダックFXサイズ1400万画素では、モ
アレに泣かされましたが、はまった時の画像は当時としては飛び抜
けた解像感でした。
 

70D

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 7月 2日(火)19時27分3秒
返信・引用
  http://digicame-info.com/2013/07/eos-70d-8.html

出た
 

新幹線

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 5月 6日(月)09時11分39秒
返信・引用
  乗っていると12時間ほどで到着できるのですね。
せめて中間の大阪近辺で1泊したいところですね。

GWはどこも人が多く、渋滞もすごかったです。
1時間前行動をしたので、そこまで渋滞には
はまらなかったので良かったのですが、渋滞で時間が
過ぎるのはイヤですね。
このGWは天気が良くて最高です。
 

ゴールデンウイーク

 投稿者:Hikaru  投稿日:2013年 4月30日(火)08時11分36秒
返信・引用
  昨年は、大型(70000t超)客船で4/29-5/6)までのクルーズを
楽しみました。乗船後はGW中と言えども、混雑とは一切無縁、のんび
りした旅でした。秋には日本縦断22日間の旅行もしているので、今年は
GW中は出かけずに、自宅で過ごし、旅行も1~2泊程度の車で動ける範囲
の小旅行にとどめ、資金を蓄えて次の大型旅行に備えます。

今度考えているのは、青森-鹿児島間新幹線連続乗車で、青森-東京間は
Gクラスを、帰りの九州-東京はJALのファーストクラスに搭乗をと。

朝6時頃青森出発でも、鹿児島到着は夕方5時過ぎ、前後数泊必要なので
ただ行ってくるだけでも、結構費用がかかりそうです。
 

地震

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 4月15日(月)12時35分54秒
返信・引用
  お疲れ様でした。
地震の揺れ、特に高層階だったのでかなり怖かったと
思います。
地震に直面すると、現実として受け入れられないですよね。

地震を考え、あたりを見渡すと危険すぎて生活できないですね。

でも、けがもなく良かったです。
 

一寸びっくり

 投稿者:Hikaru  投稿日:2013年 4月13日(土)06時31分10秒
返信・引用
  昨日から法事で兵庫県に来ています。
朝、ホテルでシャワーを浴びている時結構の揺れ、一瞬阪神淡路大震災の事が
頭をよぎった。
部屋は最上階の11階、スッポンポンの時の大揺れで、揺れが強い仲、まず何
をしたらよいか迷ってしまいました。(苦笑)
すぐに収まったので良かったですが、311の時はそれからさらに強烈な揺れ
になったので、こんな時(入浴やトイレ等)強い地震に遭遇したときどうするか、
頭の中でシュミレートしておかなければ駄目ですね。
 

EOS KISS X7

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 3月25日(月)15時29分32秒
返信・引用
  出ましたね。下手なミラーレスを買うよりは実用的かな?

http://s.news.mynavi.jp/news/2013/01/07/031/index.html

 

今回のは

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 3月19日(火)10時01分15秒
返信・引用
  医者、看護師、理学療法士で参加なので
それぞれ参加する部会は個別になっています。
なので、終了時間もまちまちなので、夜も
自由になっています。
みんな、東京の友達と会ったりするそうです。
22日の夜は姉夫婦と会うことになっていますが
21日は空いています。
 

学会ですか

 投稿者:Hikaru  投稿日:2013年 3月19日(火)07時34分36秒
返信・引用
  上京目的は学会ですか。
それでは時間を頂くのは、一寸無理かも。
お一人ならともかく、他のスタッフの方々とご一緒では
なかなか単独行動はしにくいですから、今回は難しそうですね。

私は5月に千葉大、9月に名古屋、12月に京都で所属している
二つの学会とその専門部会に出席予定です。
 

それが…

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 3月18日(月)11時59分46秒
返信・引用
  初東京なんですが、学会です。
21日の昼に東京着して、そのまま学会。
で、23日の夕方終了前に空港へ。
という、行も帰りもキツキツな予定です。
羽田から品川までは京急だと乗り換えなしですよね。
羽田空港満喫は無理そうです(他のスタッフもいます)。
21日の夜は時間が取れる可能性がありますが、他の人との
調節次第です。

http://s.news.mynavi.jp/news/2013/01/07/031/index.html

 

東京に

 投稿者:Hikaru  投稿日:2013年 3月18日(月)07時39分57秒
返信・引用
  当地にお見えになるのですか?
ご家族と?お一人?

お時間が有ればお目に掛かりたいですね。
電車博士と一緒なら、片道は航空機、もう片道は志布志-大阪
はフェリー、大阪-品川新幹線も選択肢ですね。
限られた時間の中なので、目的地に時間を振るか、道中も楽し
むかどちらを選ばれましたか?
 

21.22.23日

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 3月17日(日)21時43分9秒
返信・引用
  品川駅周辺に出没します  

メモ

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 2月 5日(火)17時24分48秒
返信・引用
  九州旅客鉄道(以下JR九州)は2月9日に、SL人吉号の客車で九州を一周する「アラウンド ザ 九州号で行く九州一周の旅」を開催する。

同ツアーは2月9日から11日にかけて、SL人吉号(先頭車両はディーゼル機関車)の車両に乗車。3日間かけて九州を一周する。車両はオリジナルヘッドマークを装着して走行するという。

9日はJR門司港駅を出発し、JR鹿児島中央駅まで向かう。途中、八代駅から川内駅までは、肥薩おれんじ鉄道を走行。10日はJR鹿児島中央駅を出発し、JR大分駅に到着。11日はJR大分駅からJR門司港駅に向かう。途中、日田駅からは希望者のみ日田まちあるきを実施する。

車内ではグッズを販売するほか、イベントも開催。参加者には漏れなく記念乗車券(硬券タイプ)、オリジナル弁当が付く。

旅行代金は、3日間コース(門司港駅~門司港駅まで)は大人2万2,000円(子ども1万3,000円)。2月9日コース(門司港~鹿児島中央まで)は、大人1万1,000円(子ども7,500円)。2月10日コース(鹿児島中央~大分まで)は、大人9,000円(子ども6,500円)。2月11日コース(大分~門司港駅まで)は、大人7,000円(子ども5,500円)。

なお、上記料金には宿泊料金は含まれないので、各自手配が必要となる。

http://s.news.mynavi.jp/news/2013/01/07/031/index.html

 

環境

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 1月16日(水)10時24分37秒
返信・引用
  屋久島も観光で町の振興?環境破壊?とかでもめていますね。
やはり、ある程度の規制は必要ではないでしょうか。
入場料(入場税)とかの方法もあるのですが、開発しない、って
言うのも手ですよね。
えびの高原も「ジオパークなんとか」とか言うツアーで来たりして
人でごった返しています。こんなのでいいのかなぁ?とか考えてしまいます。

青池って有名ですよね。僕でも聞いたことがあります。
こういう色って撮るとき苦労しそうです。色が出なさそうですが
どうでしたか?
滝もいいですよね~。あの大きさを撮るには広角レンズが…
物欲の嵐に悩まれそうです。
 

列島縦断旅行 秋田、青森

 投稿者:Hikaru  投稿日:2013年 1月15日(火)20時04分7秒
返信・引用
  本州もいよいよ秋田、青森で終了です。
秋田、青森に跨る世界遺産白神山地を巡りました。
能代から五能線に沿って北上、十二湖を見学、ここの青池は小さな池ですが
何とも言えない神秘的なコバルトブルーの水をたたえた池です。更に北上、
深浦町の千畳敷海岸を見た後、舞の海の出身地鰺ヶ沢から山には入り、ナク
アリゾートで宿泊、翌日は再び鰺ヶ沢に下り、そこから山に向かい未舗装の
細い道を走る事10Km強でくろくまの滝(実際には駐車場から1Kmは徒歩)
さらに十数キロの未舗装道路を上ったり下ったりうねうねしながら走ると
津軽峠の駐車場に出ます。ここの近くに樹齢何百年のぶなの大木マザーツリー
があり、そんな所を見物し、6~7Km下ると2車線の舗装路となり、20Km
程で弘前に出ます。弘前から青森までは20数Km程、港には青函連絡の船が
待っています。

未舗装で結構凹凸があり、元ラリードライバーの体験が生きましたが、自然環
境を守るために、車が押しかけないよう今のように未舗装のまま、さらには
パークアンドライドで西目屋あたりに車を置かせて電動バスで津軽峠やくろく
まの滝が見られるようにするのも必要か、と感じました。

写真は上から青池、くろくまの滝、ぶなマザーツリー
 

TV

 投稿者:まこと  投稿日:2013年 1月15日(火)13時36分17秒
返信・引用
  サッカー決勝を楽しみにTVをつけたら真っ白の画面で
びっくりしました。
雪!!!???
って感じです。確かに日曜はこちらは暴風雨だったのですが
それが関東に行って冷やされた感じですね。
月曜は九州は快晴だったので、雪が降っているとか思わなかったです。

昼のニュースでもまだまだ被害の報告があがってましたね。
 

レンタル掲示板
/17